アパレルは大変!元店員の退職理由に大共感!?転職時の履歴書は?

この記事でわかること
  • アパレル店員で多い退職理由
  • アパレル店員から退職する方法
  • アパレル店員から転職した人の体験談
ヤンキー君
実はアパレルショップの店員を初めて今月で1年半なんですけど、かなり大変で仕事に不満があって…
先生
なるほど…アパレルショップで働いていて、ストレスを感じている人は少なくありません。
アパレルで働いている人の退職理由や悩みなどを詳しく紹介していきます!

アパレルの仕事は大変…ブラック企業で働き続ける危険性

アパレル業界ではブラック企業も多く、正社員で働きながらも辞めたいと悩んでいる人はたくさんいます…

ざっと挙げられるだけでも、

「休みが少なく土日に友人を遊んだりができない…」

「女性ばかりの職場で人間関係で若干もめることもある…」

など、様々な理由からアパレルを辞めたいと悩んでいることも…

ヤンキー君
確かに…入る前はアパレル=華やかな仕事というイメージがありましたが、実際に入ってみると想像とは全然違っていました…
先生
そうなんです…悩みを抱えながら仕事を続けて肉体的・精神的にも無理をしている人はたくさんいます。

心身に問題を抱えている状態が続くと、「うつ病」「自律神経失調症」になってしまう場合も…

そこで、次はアパレルを辞めた退職理由を見ていきましょう。

アパレルって大変!?アパレル店員に多い退職理由7選

ヤンキー君
私はアパレルの店員なんですけど、最近ストレスを感じていて辛いです…
『転職をしようかな』とも考えているんですけど、どうやってやるのかわからなくて…

先生
”なんとなくお洒落で素敵なイメージがあるから”とアパレル業界に入ってくる方は多いですね…

アパレル業界には、チャラい系店員さん・ケバい系店員さんも大勢いるので、自分でも出来ると思ってしまうのかもしれません。
ただ洋服を売るだけのお仕事は簡単そうです。でもそれは表向きの姿でしかなく、アルバイトででもいいのでこの業界にちょっとでも触れてみてください。

そんなことは言ってられない大変さがあります。元アパレル店員たちの転職理由を聞いてみるとなるほどと共感出来る部分は多く、どの業界もそれぞれに苦労はあります。

それではアパレルから他の業界へ転職したいと考える方たちの、具体的な退職理由について見て行きましょう。

先生
アパレルショップで働く店員さんが退職する時の理由でよくあるものをまとめてみました。
順番に見ていきましょう。
アパレル店員に多い退職理由7選
  1. 立ち仕事が多い(ヒールがしんどい)
  2. 長時間労働・低賃金
  3. 年始年末などが頻忙期だから休めない
  4. 友達と休みが合わない
  5. お客さんの取り合いで人間関係がしんどい
  6. ノルマがしんどい
  7. 実費で服を買わないといけないので、自由に使えるお金が減る

退職理由①|立ち仕事が多い(ヒールがしんどい)

先生
アパレルショップの店員で多い退職理由が『立ち仕事が多い』というものです…
ヤンキー君
確かに…私は男性ですけど、女性の方なら”ハイヒール着用が義務”な場合もありますもんね…

アパレルショップの店員さんは、いつでも流行の最先端の格好をしていますが、それゆえに足元はヒールだったりもします。

それで一日中立ち仕事です。座ったまま接客しているようなところなんて見たことがありません。

若くたって、立ち仕事に向かないような格好で長時間やってると辛いのです。

それでも、そのお店の看板として立っている以上はお洒落に着こなして疲れを見せてはいけません…

ヤンキー君
確かに…何時間も立ちっぱなしで接客をしていると足もむくみますし、ヒールだとものすごくしんどいですよね…
先生
そうですね、一つ目の退職理由は『立ち仕事が多いこと』です。
それでは次の退職理由を見ていきましょう。

退職理由②|長時間労働・低賃金

先生
これはアパレル店員に限らずですが、『長時間労働・低賃金』も退職理由に多く含まれています…
ヤンキー君
なるほど…確かに働いていて『給料もっと欲しいな』と思うことは多いですが、他の業界と比べてどれぐらい違うのか分からないです…
先生
確かに『自分の働いてるアパレル業界が低賃金』と言われてもピンとこないと思うので、他の業界と比較してみました!
25〜29歳30〜34歳

デザイナー

 314万円 377万円

MD・バイヤー

 379万円 434万円

プレス

 378万円 454万円

OEM営業

 334万円 334万円

店舗管理

 386万円 439万円

店長

 344万円 391万円

販売

 295万円 329万円
先生
この表は、アパレルに携わる人平均年収です。『25〜29歳の平均年収』と『30〜34歳の平均年収』を取り上げています。
ヤンキー君
え、もしかして表の中に書いている『販売』って『正社員』のことなのか…

アパレル業界の中でも販売員が一番給料が少ないことがわかります。

先生
実際に平均年収と比較してみても、やはりアパレル販売員は給料が少ないです…
これも一つ、アパレル店員の退職理由です。

立ち仕事をそれだけ頑張っていて、その分お金がもらえるなら良いですが、実際には低賃金でしかないのも理由となります。

ネットで安く買えることもあり、この業界も不況です。
正社員でも昇給が中々無いようなカツカツのお店も多く、アパレル業界自体は好きでもこのお店で頑張るのが辛いと考える方もいます。

退職理由③|年始年末などが頻忙期だから休めない

先生
アパレル業界に限らず、接客業全般にも言えることですが、『年末年始や休日が頻忙期で休めない』というのもありますね。
ヤンキー君
確かに…特に年始年末などは福袋の販売などでかなり忙しいですね…

ヤンキー君
やっぱりアパレル店員の人もこうやってTwitterで呟いてる…
年末年始は休めないので、連続勤務(連勤)になってしまうこともありますもんね…

お客さんが来るのは休日が主、特に年始などは福袋を売るなどあればいつも以上に忙しくなります。

友達や家族とお休みが合わないのが次第にストレスになっていく方もいます。

退職理由④|友達と休みが合わない

先生
先ほどほ多い退職理由『年始年末などが頻忙期だから休めない』とも似ていますが、『友達と休みが合わない』というのも多いです。
ヤンキー君
確かに…基本的に土日祝日が商売どきなので、出勤が休日・休みが平日になる場合も何回もありますね…

休日は家でのんびりも良いですが、お友達とお出かけしてストレス発散したいと考える方も多く、でもそれが出来ないので鬱屈がたまっていく一方なのです。

ヤンキー君
なるほど…せっかく立ち仕事をして、低賃金で働いているのに休日にストレスを発散できないとなるとかなり厳しいですね…
先生
そうやって悩んでいる人も少なくないですf。そういった場合は転職して他の職場で働くという選択肢もあることを知っておいてください!

今すぐアパレルショップから転職を考えている人は

『JAIC(ジェイック)』

公式HP https://www.jaic-college.jp/

・正社員支援実績12,174名
・未経験OK
・書類選考無し
・全て正社員求人

アパレル店員からの転職は、JAICを使って正社員になろう!

退職理由⑤|お客さんの取り合いで人間関係がしんどい

ヤンキー君
確かに…うちもお客さんに対してノルマがありました…
先生
そうですよね…やっぱりTwitterなどをみていてもアパレル店員の人は人間関係で悩むことも多いみたいです…

服屋さんに行くと、店員さん同士で話をしているようなことは少なくそれぞれが対お客様で独立してやっているように見えます。

そのため、対人関係で悩むことは無いのではと思われるかもしれませんが、裏ではバトルが繰り広げられているのです…

退職理由⑥|ノルマがしんどい

先生
先ほど紹介した、人間関係の部分もありますが、アパレルショップの販売員は『ノルマ』に悩まされることも少なくないみたいです…
ヤンキー君
確かに…私の働いているアパレルショップではノルマがあって、それを達成できないなら給料から天引きという場合も…

アパレルショップでは、ノルマというのがあり誰がどれだけの売上を得られたかが競争となっています。

対してお客様の数は限られるため、取り合いでギスギスしてしまっているわけです。店内に入ってきたらさっと横に来てくれるお店の人、サービスが行き届いていると感心されるかもしれませんが、その裏でちょっと油断していたら「客が取られた」と唇を噛んで悔しがっている店員がいたりします。そう考えると恐ろしい世界です…

先生
一概に、『アパレルショップの店員=ノルマがある』とは言い切れませんが、Twitterの体験談を見てもノルマが設定されている人も少なくないみたいですね…

どの店員が売ろうとも、お店の利益となることは間違いなく本来であるならば争う必要はないのです。

でも戦いに発展するのは「ノルマ」という存在があります。お店の売上をアップさせるためにも、なあなあで済ませず頑張らせようと目標額が定められているのが通常です。

それを達せられなければ、そんな日々が続くと減給やリストラ対象となることもあるので店員たちは必死です。

その他の職種の営業マンにもあることですがアパレル業界でも同じこと、家族や友達・親戚など片っ端から知り合いに声をかけて、その結果友達を無くしてしまうことだってあります。

退職理由⑦|実費で服を買わないといけないので、自由に使えるお金が減る

先生
最後は、アパレルショップで働いている人はわかると思いますが、『自社ブランドの服を買わないといけないので”自由に使えるお金が減る”』です。
ヤンキー君
確かに…自社ブランドの服は安くなると言っても、自分で服を買わなければいけないですもんね…

自身で服を買取らねばならなくなって、稼ぎに行っているのかどうか分からないという状況に陥る方もいます。マネキンとしての役割も持つ以上は、毎日お店に立つ時の服装も上から下までそのブランドの衣装に身を包まなければなりません。

そしてその服だって自身で買わなければならないのが風潮というわけです。もちろん店員割引で多少は安くなるものの、自身の持っているお金がマイナスとなるのは防げません。

アパレル業界で働きたいと考える方、せめて自身の好きなブランド・雰囲気を持つ服を売るお店で働くようにしましょう。

そうでないと、好みではない衣装がどんどん増えていってしまうばかりです。
そのお店の服が大好きで、強要されずとも昔からそこの物ばかりを買ってきたという方や、お客様と話すのが好きでいくらでも常連客を獲得出来るような方・好きな物の話をして良さを伝えるのが大好きでストレスに感じると言うことはないというような人こそが、アパレル業界をお勧め出来る人物ということです。


ヤンキー君
なるほど、私がアパレルで働いていた時は仕事の割にもらえるお金は少なかったです…

先生
そうですね、アルバイトならまだしも正社員で昇給がなかなか無いようなところだと将来も不安ですね…

アパレル店員がショップを辞めたとき、「アパレルショップで働くのは好き」と言う人も少なくありません。

「”今の職場で”働くことがしんどい」のか、「”アパレルで働くこと自体”が辛い」のか考えてみましょう。

アパレルが大変だと感じたら転職エージェントに登録して、失敗を最小限に

何となく自分でも出来そうと飛び込むと、あっという間にお金も精魂も力尽きてしまいます。

あなたにはきっとその業界が合っていないわけで、他にも世の中には様々なお仕事というのがあります。転職を考えた方が良いかもしれません。さまざまな業種・業界を取り扱う大手の転職エージェントに登録して、また違った道を目指してみましょう。

そこでの経験は決してマイナスになることはありませんから、得た力を履歴書に書いてアピールすればまったく異なる分野に進んでいくことは可能です。

低賃金の長時間労働に耐えるだけの体力があったのですから、どこへでも行けます。それを手伝ってくれるのが、プロのエージェントたちというわけなのです。

先生
アパレルの正社員という、手に職がない状態で転職をするのはかなり選べる会社は少ないのが現状です…
ヤンキー君
やっぱりそうですよね…就活をしたことも、転職をしたこともないので。どうやって就職するかも分かりません…

転職しようとなると、ハローワークやNPO法人などがありますが、実際は合わなかったりすることも多いそうです。

そんなあなたこそ、転職エージェントを利用するべきです。

先生
若い人材を必要としている今ですが、アパレル正社員から転職を成功させることは、難しいです。
ヤンキー君
そうなんですか…アパレルから転職できる方法ってありますか?
先生
あります。つまり『転職エージェントを使うこと』です!
アパレルからの一般的な就職方法をまとめてみました。
一般的な転職方法
  • 転職サイトや求人雑誌を利用する
  • 企業のホームページから直接応募する
  • 転職フェアやイベントに参加する
  • ハローワークを利用する
  • 転職エージェントを利用する
ヤンキー君
5つもあるんですね!
ちなみにどれを選べばいいんですかね…
先生
アパレルからの転職には『就職・転職エージェント』の利用をおすすめします!
アパレル正社員の就活では、「時間がない中で効率的に就職活動を進めなければいけない」からです。
実際にエージェントのサポート内容を洗い出してみると…
就職エージェントのサポート内容
  • 就職相談にのってくれる
  • あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ヤンキー君
なるほど…
たしかに、これなら就活が初めての自分でも安心して就職活動が進められそう。
先生

おっしゃる通りです!
逆に考えると、エージェントを利用しなければこれらを全部、自分一人でやらなければいけないということも覚えておくべきです!
今すぐ就職を考えている人は『ウズキャリ』がおすすめです。
公式HP: https://daini2.co.jp/

アパレルから就職して、他の業種や業界で活躍している人はたくさんいます。

もし辞めたいと悩んでいるなら、後悔しないためのにも一度「就活のプロ」に相談してみることをおすすめします。

アパレル販売員は働ける年齢にも限界があります。30代後半をすぎてもアパレル関係で働きたい場合はエリアマネージャークラスになるか、運営側に回るかのどちらかです。

それでも、土日に休めなかったり、給料が低かったりなど、将来性を考えると続ける仕事では無いな、と思ってる人も多いです。

転職を考えている方は幅広い業種・業界を取り扱う大手エージェントに登録し、プロのエージェントと相談してみるのをオススメします

アパレルから転職する方法

同じ事務職であっても、給与面の充実や職場の雰囲気・人間関係というのは違ってきます。

そのお店に愛想を尽かしたのであり、アパレル業界で働くのは嫌じゃないというならもっと待遇の良いお店を探してみるのも良いでしょう。

ヤンキー君
仕事をしながら転職活動をするなんて忙しくて出来ません…

先生
仕事をしながら、一人で転職活動をすることは現実的なことではありません。

ただ、この業界で働くこと自体が辛いのであれば、転職エージェントに登録してアパレルから他の道を進むことをおすすめします。ずっと立ち仕事だしマネキンとしてある程度は見た目も重要視される世界だけに、転職理由として「年齢を重ねる中で限界を感じて他の道に」という方も多いです。

ヤンキー君
時間ないですよね、、一回会社を辞めてから転職活動しようと考えているんですけど

先生
もし、退職してから転職活動を始めようと考えているならオススメしません。
リスクが高く、再就職がしにくい場合もあるので今の職場に勤めてる最中に転職活動は行っておくべきです。

とにかく大手のエージェントであれば、幅広い業界・業種を取り扱っておりプロのエージェントが付いているので転職がスムーズです。不安定な今の世の中だけに、退職してからよりも働きつつも次の道を考えることをおすすめします。一度辞めてしまうと再就職しにくい場合もありリスクが大きいです。

先生
転職エージェントを利用すると、履歴書やエントリーシートの作成・面接までの日程調節に面接対策と転職に必要となるサポートをすべて無料で受けることが出来るのです。

様々な悩みやストレスを抱えて別の業界を目指しているのでしょうが、どの業界であっても大変さはあります。

その理由が「甘い、こんな考えの方だと次の会社もあっという間に辞めてしまうのでは」と人事に感じさせるのであれば、上手く採用されることはありません。

転職エージェントは無料で利用できるので、『アパレルを辞めたいけど次に仕事が決まってないから辞められない』という方におすすめです!!
その中でもJAIC(ジェイック)は20代へのサポートが万全なので、”アパレルを辞めたい・アパレルから転職したい”という方は登録をおすすめします。

転職の際に気をつけて…気をつけるべきポイント

先生
いざ、今の会社から転職しようとなった時に気をつけるべきポイントを伝授します!
転職する際に気をつけるべきポイント3選
  • 転職面接時に元会社の不安は言わない
    転職志望先にもともと居た会社の不満を漏らすのはNGです。ただし、理由を聞かれたら事実を説明しましょう。
  • 具体的な転職理由を述べる
    『転職出来るならどこでもよかった』はNGです、ちゃんと『なぜ志望したか』を説明しましょう。
  • 『お金が欲しいから』はNG
    面接では”すぐに辞めないかどうか”を見ています、『会社に興味を持った理由は〜』と答えましょう。

アパレルからおすすめの転職先

ヤンキー君
もしアパレルから転職することになったら、おすすめの転職先とかってありますかね…
やっぱり転職するとはいえ一度は働いたのでスキルとかを活かせるところろがあれば…
先生
ありますよ!アパレル業界にいたということなら商品の魅力を伝えていくのを楽しんでいた人だと思うので、『事務職』や『総務・経理』、『企画・営業』などですね!

アパレル業界からの転職者で多いのが事務職や総務・経理に企画・営業などの職種です。

立ち仕事が辛くてという方は事務などのお仕事に魅力を感じるのでしょう。これなら年齢に関係なく続けていくことが出来ます。
元々人と話して、商品の魅力を伝えていくのを得意とし楽しんでいたアパレル業界の方ですから、企画や営業の世界もピッタリです。

ただし、そうなるとまた違った産みの苦しみやノルマに疲労させられていくかもしれないことは十分肝に銘じておくことです。

アパレルからのおすすめ転職先
  • 事務職
  • 総務・経理
  • 企画
  • 営業

これはあくまでも参考であって、転職先の面接対策や選考書類の対策をしておけば、どこでも内定することは十分可能です!

ヤンキー君
なるほど、参考になります!さっそくアパレル店員から転職したいと思っていますが、どうすればいいんでしょうか…
先生
いくらアパレルで培ったスキルが使えると言っても、未経験の業界に一人で転職活動するのは大変です…
そんな時は、転職エージェントに相談しながら決めるのがおすすめです!

アパレルから転職をするのに、一人で全部やるのは大変です…

転職のプロ、転職エージェントに相談して転職を成功させましょう!

JAICに登録するべき人の特徴
  • 20代で今の仕事を将来もする自信がない人
  • 転職のプロに履歴書の添削や面接対策を受けたい人
  • 専門講師に転職のアドバイスを受けたい人
  • 仕事が忙しくて、転職活動の時間がない人

まずは、今の仕事に不満を持ち始めたら、それならどういったお仕事や条件であれば満足出来るのかを自分の中で整理することです。

ある程度固まったら転職エージェントに登録です。自身の頭の中でのみ考えていることを、客観的なプロの目で見てもう一度整理してもらえます。

もしかしたら、自分でも気付いていないような更なる可能性に気付かせてもらえるかもしれません。

アパレルから転職成功した例

ヤンキー君
今の会社から転職したほうがいいっていうのは分かったけど、失敗しないかな…
実は転職したことがなくて不安なんです…
先生
そうですよね、はじめての転職ならより心配になるはずです!
参考になりそうなアパレルから転職した人たちの実際に様子をまとめてみました!

ヤンキー君
いいですね!みんなアパレルから転職して自分の人生を歩んでるみたいです!
先生
その通りです!しかし、最後に『アパレルを辞める前に考えて欲しいこと』をまとめました!
詳しくは次の章で説明します。

アパレルを辞める前に考えること

ヤンキー君
アパレルを辞める前に考えておくべきこと…?なんですかそれは
先生
転職をする前に考えて欲しいことは、『どんな条件であれば満足できるのか』を決めておきましょう。

まずは、今の仕事に不満を持ち始めたら、それならどういったお仕事や条件であれば満足出来るのかを自分の中で整理することです。

嫌だからといってすぐに辞めてしまっているようでは、人生がそこで終わってしまいます。
たとえ転職のプロとは言っても、やみ雲にとにかく辞めたい・転職したいといっている人を取り扱うのは大変です。

頭の中で整理出来たら、アパレル業界でこのまま続けたいのか全く違った職種を目指すべきなのかといったことだって分かってきます。自分の強みや弱みも分かるのでそれが履歴書を書く上で参考となるのです。

アパレルを辞める前に考えるとと
  • どんな転職先(条件)がいいか整理する
    結局、いくら転職しても仕事とプライベートは切っても切り離せません。『なには我慢できて・なにが出来ないのか』を整理しましょう。
  • 転職先を決めてから退職届をだす
    転職先が決まってないのに、仕事を辞めてしまうことはそのあと職がなくなることを意味し、あまりオススメしません。在職中に決めておきましょう
  • 転職先のリサーチをプロと行う
    はじめての転職だと余計に一人で行うのは難しいので、転職のプロ「転職エージェント」と一緒に転職活動を行いましょう。

ヤンキー君
え~!!思ったより辞める前にやっておくべきことってたくさんあるんですね…。

先生
転職エージェントを使えば、入社日調整を代行してやってもらえるため、職場を辞める時もスムーズに退職できます!

アパレルから転職したい人にオススメの転職エージェント

ヤンキー君
アパレルから転職しようと考えている人にオススメの転職エージェントがあるんですか?
先生
そうなんです。実は、転職エージェントにも向き不向きがあって、『年齢』や『スキル』、『学歴』に応じてオススメする転職エージェントが違うんです!
今回はアパレルに就職した、『第二新卒』向けの転職エージェントを紹介していきます。

JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)

ヤンキー君
『JAIC』って聞いたことのない名前ですね…怪しくないのですか?
先生
『ジェイック(JAIC)』は、20代の既卒・第二新卒・フリーター・新卒を中心に就職支援をしている転職エージェントです。
「未経験でもゼロから研修を受けて、正社員を目指せる」というコンセプトで、フリーターや高卒ニートの方から高い評価を得ています。

JAIC(ジェイック)に登録すると、2週間の無料の研修を受けることができ、未経験でも簡単に就職活動に必要なスキル・知識を徹底的に学ぶことができます!

しかも、その研修が終わると、”書類選考なしで”面接をすることができます!

ヤンキー君
ええ、つまり、JAIC(ジェイック)に登録して研修を受けると、書類選考で今まで落ちていたのもスキップ出来るようになるんですか!?
先生
その通りです!これが出来るのは、大手企業から認められているJAIC(ジェイック)ならではなので、新卒を早期退職して転職を考えている人にぴったりです!

『ジェイック(JAIC)』は現状を抜け出して本気で人生を変えたい人におすすめです!

経歴に自信がなくても、研修を受けることで必ず正社員として就職できるようになるはずです。

『アパレルを辞めて終わりだ…』と思うより、まずは登録してもう一度頑張ってみましょう!

JAIC(ジェイック)をおすすめする人
  • 営業職で成長したい20代の人
  • 未経験からチャレンジしたい第二新卒
  • 前職を短期間で退職した人
  • 正社員経験がない20代フリーター・既卒
  • 就職経験がない20代後半までのニートの人

アパレルを辞めたいと感じたら…エージェントに登録して、転職相談してみよう

今回は、アパレルが大変だと思っている・仕事に不満がある人たちに向けて、『アパレルで多い退職理由』や『アパレル店員から転職する方法』、『アパレル店員から転職成功した体験談・方法』などをお伝えさせていただきました。

要点を紹介すると、

まとめ
  • アパレル店員は低賃金、将来性はあまりない
  • 在職中に転職活動をするのがおすすめ
  • アパレルから転職するには転職エージェントを使うのがおすすめ
ヤンキー君
なるほど!これを意識すれば転職の失敗は最低限にできるということですね!
早く今の会社をやめて理想の職場を探します!

先生
その通りです!今回おすすめした「JAIC(ジェイック)」はこちらから登録できます。
転職エージェントを有効活用して、転職を成功させましょう!

※画像を押すと公式サイトに飛びます

「ジェイック」のメリット
  • 2週間の無料研修を受けることで、未経験からでも正社員になれる
  • 研修を修了すると、ジェイックが紹介する優良企業20社を書類選考なしで面接が出来る
  • 「営業カレッジ」や「女子カレッジ」、「新卒カレッジ」など、目的に応じてコースを選べる

全体的にまとめると、

「就職経験のない人」や「第二新卒の人」でも、2週間の無料研修を受けることで未経験からでも正社員を目指せるようになる転職・就職サービスです!

ヤンキー君
なるほど!「ジェイック」は、未経験から就職を目指している人、第二新卒の人たちにおすすめなんですね!
先生
ジェイックの研修に参加することで受けられるプログラムをまとめてみました!
研修があることで、第二新卒やフリーター、社会人経験がない人でも未経験から正社員になれるカリキュラムが充実しています。
ジェイックの研修で受けられるプログラム
  • 社会人の基本スキル
    ・ビジネスマインド研修
    ・ビジネスマナー
    ・営業スキル
  • 就職活動に役に立つスキル
    ・採用されやすい履歴書の書き方
    ・面接やプレゼンのスキル
    ・自己分析のサポート
  • 集団面接会への参加

就職活動に必須の、「履歴書の書き方」や「自己分析のサポート」だけでなく、社会人の基本スキル(ビジネスマナー・営業スキル)など、未経験からでも正社員で活躍できるカリキュラムが充実しています。

JAIC(ジェイック)
株式会社ジェイック
JAIC(ジェイック)は株式会社ジェイックが運営している、未経験でもゼロから研修を受けて、正社員を目指せるようになる転職サービスです。
先生
皆さんの転職が成功することを祈っています!

 

仕事で新しい自分に出会いませんか?

リクルートエージェント
先生
スマホでたった3分!簡単に相談ができます! 転職エージェントは最初から最後まで完全無料で利用できます。

当サイトがオススメしているのは、転職業界でトップクラスの「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントを運用する「株式会社リクルートキャリア」の強みである”業界No.1”を活かしていることもあり、サポートが手厚く、幅広く業界を考えている人、転職を考えている人全員にオススメの転職エージェントです。

今のあなたのスキル・経歴合った転職先はどんなものがあるか、自分の可能性はどんなものなのか、一度確認してみましょう。