初めて転職する際に知っておくべき流れ、失敗を防ぐポイントを紹介!

この記事でわかること
  • 転職活動の主な流れ
  • 初めての転職を成功させるポイント
  • 初めての転職で失敗を防ぐ方法
ヤンキー君
実は、初めての転職を考えているんですけど、何から始めたら良いのかわからなくて…
先生
なるほど!確かに初めての転職では様々な不安が付きまといますもんね。
大丈夫です、一つづつ解説していきましょう!

今回の記事では、”まず何から始めたら良いの…”や、”転職活動を始める前に準備って必要なの…?”と、初めての転職で不安がたくさんある人に向けて、『転職活動の主な流れ』や『初めての転職を成功させるポイント』などを紹介していきます。

初めての転職は不安…転職活動の流れ

「就職よりも難しい…?」

「転職活動がバレて会社をクビにならない…?」

など、不安なことが絶えない「初めての転職」。

何事も”初めて”には不安がつきもの、それが転職ともなれば当然です。

先生
この記事では、『初めてでも転職を成功させるためのポイント』をしっかり詰め込んでいます!
それでは、順番に転職活動をする時の流れについてみていきましょう。

ステップ①|転職について考える

転職活動における「ステップ①」は『転職について考える』という行為から始まっています。

中途採用は必ずしも定期的ではないので、転職活動を始める時期はあなた次第。

基本的には”一人きり”での戦いになります…

先生
ここでポイントなのが、「転職は就職よりも難しい」と言われる理由の一つに、
『基本的には一人で取り組まなければいけない為』というものがあるからです。
ヤンキー君
なるほど…確かに就職はみんな同時にスタートするけど、転職活動は一人ですもんね…

また、「やりたいこと」や「なりたい自分」を目指しての転職活動もあれば、会社の都合や家庭環境などの外部的要因によって『転職をしなければいけない』となるケースも…

活動開始の理由やタイミングなども人によってバラバラ、仕事をしながら転職活動を並行して行う場合などは特に忙しくなることも…

そんな理由もあり、「就職活動」と比べて、『転職活動』は相談できる人が身近に少なくなってしまうかもしれません。


いつ転職活動をスタートすればいいのか、今の状況で転職をするべきなのか、自分にはどんな仕事があっているのか、などの一人で悩みを抱えていても解決することは難しいです。

そんな人は、転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談してみてください。

ステップ②|応募する企業を選ぶ

転職活動の次のステップは、「応募する企業を選ぶ」というところからスタート。

すでに勤務経験があるので、企業の知名度やイメージだけでなく、具体的な仕事内容や残業など会社の実態。人事からの評価制度、企業の健全性など…

実際に働いてみて、重要だと実感したポイントを知りたいと思うんじゃないでしょうか。

ただ、中途社員については、企業側のニーズに合致した人材をピンポイントで採用する企業が多いため、企業の情報は”就職活動ほどは”公開されていないかもしれません…

そんな場合で価値を発揮するのが転職エージェントです、「非公開求人」を始めとする、就職支援会社にしかない情報が手に入ります!


希望の企業が求めている人材像や選考のポイントを知るのは、個人で転職活動を行う際にはとても難しいです…

自分の魅力をもれなく伝える為にはどうしたらいいのかわからない、と悩んでいる人は、転職のプロ「エージェント」を使って転職活動をするのがオススメです!

マイナビエージェントの評判は?口コミからメリット・デメリットを解説

2019年5月8日

ステップ③|書類製作

就職活動と決定的に違うのは、「職務経歴書」です。

これまでの職務内容を分かりやすく、そして企業側の求めている選考のポイントを抑えながら書く必要があります。

しかし、実際には志望している企業側が求めている人物像を把握するのは簡単なことではありません…

また、「職務経歴書」という、形式化された書類の中で他の応募者との差別化を図ることが大切になってきます。


自分ではアピールポイントだと思っていることが、志望する企業にとってはそれほど魅力的でない…というケースも存在します。

その企業は何をみているのか、など客観的なアドバイスが欲しい人はキャリアアドバイザーに相談することで解決できます!

株式会社マイナビ
マイナビの新卒領域での強みを活かしていることもあり、サポートが手厚く20代〜30代前半に一番おすすめの転職エージェントです。

ステップ④|面接をうける

転職するためのスキップ4つ目は、「面接を受ける」です

これまでの職務内容を分かりやすく伝え、そして『入社後はどのように活躍できるか』を具体的にアピールしていくことが必要となってきます。

勝負のポイントは、「スキル」と「貢献度」です、今まであなたがしてきた仕事について初めて聞く相手に内容を理解してもらえるように話すのも必要です。

また、競争相手は同じ会社を志望している社会人。場合によっては既存の会社員とも比較されます。

限られた時間であなたの強みを最大限伝える、そんなスキルが面接では必要になってきます。

ステップ⑤|内定をもらう

転職活動を始めてから、内定までの期間は2、3ヶ月とも言われています。

「今すぐにでも中途社員を採用したい」と考えている企業は、就職活動のように1年近くも待ってくれないでしょう。

そのため、内定空返事するまでの期間は”数日〜1週間程度”と、かなり限られてしまうことも…

気持ちの切り替えやスムーズな入社をする為にも、事前準備の段階から自分の方向性を固めておくことが大切になってきます!


転職を成功させる為には、短時間で正確な意思決定をすることが必要になってきます。

その為には、事前に自分の考えを固めておく必要があります。スムーズに転職活動を進めたい人・初めての転職で不安な人は、転職のプロに相談することをオススメします。

ステップ⑥|入社する

そしてついに、「入社する」というステップです。

転職活動をして、志望していた会社に入ったらすぐに、「即戦力」になることを期待されています。

研修などを用意している企業もありますが、基本的には”育成のためにかける費用・時間はなるべく抑えたい”と考えられているため、自分の力で仕事の要点を理解して、価値を生み出すことが求められています。


転職後、即戦力として活躍するためには「何を求められているのか」をしっかりと把握することが大切です。

入社後のミスマッチを防ぎたい人は、転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談することをオススメします!

初めての転職を失敗したくないなら…プロに相談しよう

以上で転職活動をする時のステップは終わりです。

初めての転職は誰でも不安がつきものです、一般的には就業中に転職活動を行うので、体力的にもしんどくなりがちです…

そんな場合、一人で転職活動を行うのは非効率なので、転職成功率を上げるためにもエージェントを利用して転職をすることをオススメしています!

株式会社マイナビ
マイナビの新卒領域での強みを活かしていることもあり、サポートが手厚く20代〜30代前半に一番おすすめの転職エージェントです。

転職エージェントを利用した成功例

ヤンキー君
なるほど…確かに転職エージェントを使って転職活動に取り組むことで、入社後のミスマッチなどを防ぐことができることは把握しました!
実際の体験談などを見てみたいです!
先生
確かにいくら転職のプロとはいえ、他の人の体験談は気になりますもんね。
Twitterから転職エージェントを使って転職成功した例を抜き出してきました!

ヤンキー君
なるほど!確かに転職エージェントを使って転職成功した人も多そうですね!
私もキャリアアドバイザーに相談してみます!

おわりに|初めて転職をする際には…転職エージェントを使って転職しよう!

今回の記事では、”まず何から始めたら良いの…”や、”転職活動を始める前に準備って必要なの…?”と、初めての転職で不安がたくさんある人に向けて、『転職活動の主な流れ』や『初めての転職を成功させるポイント』などを紹介しました。

転職活動をする際には、キャリアアドバイザーに相談しながらがオススメです!

要点を整理すると、

まとめ
  • 転職活動は一人でやるとかなり大変
  • 初めての転職は転職エージェントを使うのがオススメ
  • キャリアアドバイザーはあなたに合った仕事を紹介してくれる
ヤンキー君
なるほど!これを意識すれば転職の失敗は最低限にできるということですね!
早く今の会社をやめて理想の職場を探します!

その通りです!今回おすすめした「マイナビエージェント」はこちらから登録できます。
転職エージェントを有効活用して、転職を成功させましょう!

株式会社マイナビ
マイナビの新卒領域での強みを活かしていることもあり、サポートが手厚く20代〜30代前半に一番おすすめの転職エージェントです。

仕事で新しい自分に出会いませんか?

リクルートエージェント
先生
スマホでたった3分!簡単に相談ができます! 転職エージェントは最初から最後まで完全無料で利用できます。

当サイトがオススメしているのは、転職業界でトップクラスの「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントを運用する「株式会社リクルートキャリア」の強みである”業界No.1”を活かしていることもあり、サポートが手厚く、幅広く業界を考えている人、転職を考えている人全員にオススメの転職エージェントです。

今のあなたのスキル・経歴合った転職先はどんなものがあるか、自分の可能性はどんなものなのか、一度確認してみましょう。