新卒で転職ってアリ…?入社半年で辞職が語る後悔しないための注意点

この記事でわかること
  • 新卒で入った会社がイメージと違った時の対処法
  • 知っておきたい!半年で辞めるリスク
  • 社会人歴半年でも転職する方法

新卒で入った会社で働き出して半年、様々な理由から退職を考えている人も多いのではないでしょうか…

実際に半年で会社を辞めてしまう人の割合は非常に高い傾向にあります。

ヤンキー君
今年新卒で入った会社が入社前のイメージと違っていてどうしたらいいのか分かりません。この場合、退職とかになるんでしょうか…
先生
新卒で入った会社が入社前と入社後のイメージが違うのは少なくありません。『半年で転職するって大丈夫なの…』などと思っているでしょう、この記事で詳しく説明していきます。

今回の記事では、”新卒で入った会社を半年で辞めようとしている…”という人に向けて、知っておきたい『新卒を半年で辞めるリスク』や『多くの人が入社半年で辞める際の退職理由』、『第二新卒の転職を成功させる方法』などを紹介します。

後まで読むことで、新卒半年で辞めるリスクを知ることができ、スムーズな転職につなげることができるようになりますよ。

新卒半年でもぶっちゃけ転職できる

新卒で入社して半年、既に不満だらけだけど「新卒半年で転職活動を始めて、成功するのかな…」と不安になる人はたくさんいます。

ヤンキー君
たしかに…他の人は文句を言いながらも働いているので、新卒半年で退職しても次の転職先ってあるものなのでしょうか…
先生
最初に断言しますが、勤務年数が”半年”でも転職先を見つけることは可能です。

多くの企業は「若い世代の将来性」や、「思考の柔軟さ」を見越して第二新卒の新入社員を求めているケースがあります。

第二新卒(だいにしんそつ)とは…

第二新卒とは、学校等を卒業して一旦就職したが、短期間のうちに転職を志す者のこと。「第二新卒者」とも称す。

引用:第二新卒とは|Wikipedia

先生
下のグラフは、3年以内に離職する人の人数を表したグラフです。

参考:厚生労働省「新規学卒者の離職状況

このグラフを見ると、「第二新卒者」は年々増加していることがわかると思います。

そして、厚生労働省によると、平成26年に就業した新卒生のうち、1年未満に離職する日は11.3%で例年10%以上の新卒就業者が離職をしています。

ヤンキー君
なるほど…ということは、新卒半年で転職する人は、結構な数いるんですね!
先生
たしかにTwitterを見ているだけでも、新卒半年どころか3ヶ月で転職活動を始める人も…
しかも、転職成功している人も少なくありません。

ヤンキー君
本当だ…!たしかに新卒半年で退職している人もいるんですね!

「今の会社は自分に合わない…」

「自分にはもっといい職場があるんじゃないか」

などと考えている人は、あなた以外にもたくさん居ます。

先生
経験やスキルがないからと諦めるのではなく、まずは第二新卒の転職事情を知ることが大切です。
それでは順番に、新卒半年で転職することのメリット・デメリットを見ていきましょう!

新卒半年で転職することのメリット・デメリット

メリット

新卒半年で転職する場合は、3点のメリットがあります。順番に見ていきましょう。

新卒で転職することのメリット3選
  1. 若いうちに転職先の仕事を学び始められる
  2. 未経験の仕事を始めやすい
  3. 若いこと自体がプラスの印象になる

メリット①|早いうちに転職先の仕事を学び始められる

転職する時期が早ければ早いほど、あなたは若いうちに転職先で仕事を学び始めることができます。

企業にとっても、若いうちに自社の仕事を教えることができるのは嬉しいポイントです。

ヤンキー君
なるほど!たしかに企業側からすれば、最低限にビジネスマナーが身についている人材に価値を感じますもんね!
先生
その通りです。新卒半年で転職をした人材でも、そのポイントについてはメリットになり得ます。

企業が第二新卒に求めるポイントは「即戦力」ではなく、『将来性』です。

今から3年先・5年先に活躍してもらう人材を確保するために、頑固たる転職理由や意図があれば、新卒半年で転職活動を始めても不利になることはありません。

メリット②|未経験の仕事を始めやすい

参考:一般社団法人 日本経済団体連合会「新卒採用に関するアンケート調査結果

上のグラフを見ると、若手人材を採用するのにあたり最も重視するのが「コミュニケーション能力」で82%。次の多いのが「主体性」の60.7%という結果があります。

つまり、第二新卒の採用枠は『実務経験』を重視していない企業がほとんどです。

ヤンキー君
なるほど…!ということは、第二新卒に求められているのは、『実務経験』ではないんですね!
先生
その通りです、あなたが新しく始める分野の仕事であっても、ポテンシャルや熱意を示すことができれば人事から高評価を得ることができます。

つまり、新卒半年で転職をして、自分に合った会社に入ることは可能なのです!

メリット③|若いこと自体がプラスの印象になる

他にも、「若いこと」そのものがプラスになることもあります。

企業の中には、「新しい風」や「若者のフレッシュな感性」を求める声も多くあります。

あなたの持っている若さ自体が、転職活動の際の武器になるので『転職活動を始めるなら今』ということです。


デメリット

ヤンキー君
会社に入ったら入社前・入社後でかなりイメージが違っていて…『新卒が実際に、半年で会社を辞める』となるとどうなるのでしょう…
先生
理由はどんなものであれ、”半年で会社を辞める”ということにはデメリットがあるので、あらかじめ知っておきましょう。
新卒半年で転職することのデメリット3選
  1. すぐ辞める人だと思われる
  2. 半年間の貴重な経験を失う(スキルなど)
  3. 転職先は少ない

デメリット①|すぐ辞める人だと思われる

先生
新卒が半年で会社を辞める理由で、もっともリスクが大きいのは「すぐに辞める人だと思われる事」です。
もちろん今後の履歴書などにも影響してしまいますし、「すぐ辞める人だ」「忍耐力がない」と思われる可能性もあります。
ヤンキー君
確かに…採用するにも、せっかく取った人が辞めてしまっては大変ですもんね。

”半年間で仕事を辞めた”という事実は、決して採用する人事側にもプラスにはならず、マイナスの印象を与えてしまいます。

※ただし、学校等を卒業して一旦就職したが、短期間のうちに転職を志す「第二新卒」については新卒同様の若さがある一方、一通りのビジネスマナーがあるなどの点で、第二新卒として転職する場合には大きなデメリットにはなりません。

第二新卒の転職相談なら「ウズキャリ」がおすすめです。

公式HP https://daini2.co.jp/

 

デメリット②|半年間の貴重な経験を失う(スキルなど)

先生
履歴書などに書く情報は、採用する側の理由ですが、「仕事の経験など、半年間の貴重な経験を失う事」に関しては自分に影響があります。
例えどんな仕事でも、そこで築いた人間関係や仕事の成果、仕事に関するスキルなどは付きますが、転職することによってリセットされます。
ヤンキー君
なるほど。もし転職に成功して他の会社に勤める事ができたとしても、その職場ではゼロからのスタートになってしまいますね。

デメリット③|転職先は少ない

先生
これは結構厳しいかもしれません。やはり新卒で会社に入ってから半年で辞めるとなると、その時期に採用を行う会社も少ないですし、もし仕事に就く事ができても「中途採用」になってしまいます。
ヤンキー君
確かに。新卒採用をしているところは多くても、中途採用はしていない会社もありますもんね。なるほどです。

新卒が半年で会社を辞めるとなると、紹介したようにリスクはある程度存在します。

まずはリスクを想定しておく事が、失敗を最低限に抑え、転職成功のカギになります。

それでも会社を辞めたい…多い退職理由3選

先生
いくら履歴書の経歴がよごれようと、スキルがリセットされようと、『今の職場ではこれ以上やっていける気がしない』という人もいるでしょう。そんな人のために、新卒半年で会社を辞めた人の退職理由を3つほどまとめてみました。
ヤンキー君
確かに、他の人は同じ悩みを持っているのか、どんな風に言っているのか気になります。

先生

新卒でも同じような思いをしている人は沢山いますね。主に理由としては、

  • 仕事に向いている気がしない
  • 職場の人間関係が悪い
  • 入社前と入社後のギャップが大きい

などがあるようです。

ヤンキー君
僕も同じ理由です…やっぱりみんな同じように思っているんですね。

あなたが合わない職場に入ってしまった場合、すぐに脱出することをオススメします。

なぜなら、その職場にこのまま残ることによって、実際に心や身体に負担がかかってしまい、うつ病や自律神経失調症になって、後悔している人もたくさんいます…

新卒で半年…だけど会社を辞めたいあなたへ…後悔しないために

ヤンキー君
私と同じ理由で悩んでる人も沢山いることがわかりました。実際に辞めるとなったら、次のことなどが難しそうで、なかなか踏み出せません。
先生
不安になってしまう気持ちもわかりますが、今の合わない職場に居続ければ心や身体に負担がかかって後悔することになります。

合わない会社に勤め続けるより、若い今のうちに転職することをおすすめします!

ヤンキー君
そうは言っても、実際に転職するとなると大変そうです。また会社選びを間違える失敗や、転職を繰り返すこともしたくないです…
先生
そうですよね、実際転職するとなったら、履歴書の作成のほか、内定・退職の手続きなどが必要になってくるので、「転職エージェント」を使えば面倒な手続きが不要になります!

入社半年で退職した新卒でも転職を成功できる!?

先生
最近は第二新卒での採用が増えてきているので、再度就職することも可能になってきています。
ヤンキー君
なるほど…だけど実際やるとなったら面倒ですよね?
先生
そうですね、一人でやるのはかなり面倒なのでおすすめしていません。「転職エージェント」という、転職のプロに相談することで、負担を減らすことができます。

まずプロに転職に相談をして、転職を成功させよう!

ヤンキーくん
いざ転職するとなると、なにから手をつければいいのか分かりません…
先生
たしかに!いざ行動に移そうと思うと迷いますよね…
それでは、在職中に転職活動をする方法を把握することから始めましょう!
一般的な転職方法
  • 転職サイトや求人雑誌を利用する
  • 企業のホームページから直接応募する
  • 転職フェアやイベントに参加する
  • ハローワークを利用する
  • 転職エージェントを利用する
ヤンキーくん

5つもあるんですね!

ちなみにどれを選べばいいんですかね…

キャリア先生

5つの中でも転職エージェントや転職サイトを利用している人は多いですね。

ヤンキーくん

えっ!そうなんですね!

キャリア先生

はい!特に転職サイトよりも転職エージェントの利用が多い理由としては…

在職中の転職では、「時間がない中で効率的に転職活動を進めなければいけない」からです。

実際に転職エージェントのサポート内容を洗い出してみると…

転職エージェントのサポート内容
  • 転職相談にのってくれる
  • あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
名前
なるほど…
たしかに、これなら転職が初めての自分でも安心して転職活動が進められそう。
名前
おっしゃる通りです!
逆に考えると、転職エージェントを利用しなければこれらを全部、自分一人でやらなければいけないということも覚えておくべきです!

今すぐ職場から転職を考えている人は『ウズキャリ』がおすすめです。

公式HP https://daini2.co.jp/

新卒で転職して、他の業種や業界で活躍している人はたくさんいます。

もし辞めたいと悩んでいるなら、後悔しないためのにも一度「転職のプロ」に相談してみることをおすすめします。

転職の際に気をつけて…気をつけるべきポイント

先生
いざ、今の会社から転職しようとなった時に気をつけるべきポイントを伝授します!
転職する際に気をつけるべきポイント3選
  • 転職面接時に元会社の不安は言わない
    転職志望先にもともと居た会社の不満を漏らすのはNGです。ただし、理由を聞かれたら事実を説明しましょう。
  • 具体的な転職理由を述べる
    『転職出来るならどこでもよかった』はNGです、ちゃんと『なぜ志望したか』を説明しましょう。
  • 『お金が欲しいから』はNG
    面接では”すぐに辞めないかどうか”を見ています、『会社に興味を持った理由は〜』と答えましょう。
ヤンキー君
確かに…自分が面接官だったとしても、『前の会社の代わりです』なんて言われたら不安になってしまいますもんね!気をつけておきます。

新卒半年で退職して転職に成功した事例

先生
聞くだけでは不安だと思うので、実際に新卒から転職し成功した人の体験談を見ていきましょう!

先生

職務経歴書(職務履歴書ともいう)書くの凄く大変だよ。就活思い出すけど、就活の履歴書の方が簡単だよ!

最後のツイート内にもあるように、一人で書類を書き切るのは大変です、転職エージェントなら無料で手伝ってくれるので、ぜひ利用しましょう!

ヤンキー君
体験談を見ても、転職して後悔してる人は少ないみたいです。私も勇気出して転職してみます!

おわりに|新卒でも辞めたいと思ったら…エージェントに転職相談してみよう

今回の記事では、”新卒で入った会社を半年で辞めようとしている…”という人に向けて、知っておきたい『新卒を半年で辞めるリスク』や『多くの人が入社半年で辞める際の退職理由』、『第二新卒の転職を成功させる方法』などを紹介しました。

要点を整理すると、

まとめ
  1. 新卒半年で転職しても場合によっては有利に
  2. 第二新卒の転職は一人では難しい
  3. 転職の際はエージェントのサポートを受けることで失敗を最低限に
ヤンキー君
なるほど!上記の点に注意して新卒半年の転職を行えば、失敗を最低限に抑えることができるんですね!
先生
その通りです、最後におすすめのエージェントを紹介しておきますね!
ウズキャリ第二新卒|スクリーンショット

※画像を押すと公式サイトに飛びます

最初に、実際の利用者の口コミ・体験談を見て分かった、

「ウズキャリ」のメリット
  • 第二新卒・既卒へのサポートの質が高い
  • ブラック企業に当たる心配がない
  • 「第二新卒・既卒」の人が相談しやすいエージェント

全体的にまとめると、

”新卒で入った会社を辞めたい…”と思っている人「第二新卒」や、既に卒業はしたものの正規雇用についてない「既卒」にオススメの転職エージェントです。

ヤンキー君
なるほど!ウズキャリ第二新卒は、会社に入ったものの辞めたいな…と考えている人や、学校を卒業したものの就職していない人たちに向いているんですね。

ウズキャリの評価や評判が気になる人はこちらの記事を参考にしてみてくださいね!

ウズキャリ第二新卒の評判は?口コミからメリット・デメリットを解説

2019年4月30日
先生
皆さんの転職がうまくいくことを祈っています!

仕事で新しい自分に出会いませんか?

リクルートエージェント
先生
スマホでたった3分!簡単に相談ができます! 転職エージェントは最初から最後まで完全無料で利用できます。

当サイトがオススメしているのは、転職業界でトップクラスの「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントを運用する「株式会社リクルートキャリア」の強みである”業界No.1”を活かしていることもあり、サポートが手厚く、幅広く業界を考えている人、転職を考えている人全員にオススメの転職エージェントです。

今のあなたのスキル・経歴合った転職先はどんなものがあるか、自分の可能性はどんなものなのか、一度確認してみましょう。